G-PLACE

私たちはG-Placeです

2019年5月16日、日本グリーンパックス株式会社は創業50年を経た区切りに株式会社G-Placeに社名を変更しました。新しい社名はGrowing(育つ)、Gathering(集う)、Generating(生み出す)のためのPlace(場)という意味で、「社員が仕事の中にやりがいを見出して成長し、相互に発展を目指す取引先やパートナーが集い、より良い未来を創ることに貢献する独自事業を生み出していく」という、当社の理念そのものを表すものです。

Place for Growing

ここで働く全ての人が、仕事にやりがいを見出し、
自らを成長させる場であること

Place for Gathering

多くの取引先やパートナーが、相互発展を目指して
協業するために集まる場であること

Place for Generating

人と社会に、新たな選択肢を提供できる様な
事業を生み出していく場であること

社名変更にこめた想い

2018年、50周年を期にこれまでの50年を振りかえるとともに、今後の50年を見据えどのような会社にしたいかということを明確にするためのさまざまな取り組みを行いました。各取り組みは社員自らが企画し、全員が関わりました。その一環として、キャッチコピーの作成や企業ロゴのアイディア出しについても、社内にプロジェクトチームを作って取り組みました。

キャッチコピーは「アイディアで未来をつくる、創造総合商社」としました。商社という業態はまさに、枠組みに縛られず人や情報や商品が行き交う場です。その「場」を活用して、成長し、協業し、アイディアを生み出し、よりよい未来を作りたいという思いを明文化しました。

また企業ロゴの検討にあたっては、社名自体をロゴとして図案化することとし、頭文字の「G」で開かれた「場」そのものを表現したデザインとしました。

G-PLACE 会社ロゴの説明1 会社ロゴの説明2

社会ニーズに応える事業創出の歴史

G-Placeと、その前身となる日本グリーンパックスの歴史は、社会のニーズに応える新しい事業の創出の歴史でもあります。日本グリーンパックスは、戦後の高度経済成長で工業化が進み公害が大きな問題になっていた1960年代、まさに大気汚染防止法が成立した1968年に創業しました。ごみの収集および焼却処理の効率化・衛生化を目指し紙製のごみ袋を自治体に販売する事業をスタートし、1970年に開催された大阪万博での採用を機に全国に展開していきました。以降、様々な視点から世の中のニーズを見つけ、それに対するソリューションを生み出していく、という実践の結果として数多くの事業が生み出され、現在へと受け継がれています。

歴史

ひとりひとりの「G」

G-Placeに関わるそれぞれが、自分が仕事をする上で大切にしたい思いや考え方、行動、目標とすることを、Gから始まる言葉で表しました。そしてこれらの「自分のG」を名刺の裏にも記載しました。ひとりひとりが自分のためにこの場を活用し、同時にこの場を作っていきます。私たちはG-Placeです。

ボード1 ボード2