プレスリリース

ボリビア向けごみ分別アプリを1月16日に提供開始

 当社は、特定非営利活動法人DIFAR(ディファル、本部:三重県津市、代表理事:瀧本幸弘、以下NPO法人DIFAR )と協同でボリビア向けごみ分別アプリを2021116日に提供開始いたしました。ボリビア国内のサンタクルーズ、コチャバンバの2県5市町村23エリアに対応可能で今後も順次拡大予定です。なお、当社が国外でのごみ分別アプリ構築サービスを提供するのはボリビアが初の事例となります。
                       
                           

 南米ボリビアでの環境問題の大きな一つがごみ問題であり、ごみのポイ捨てやほとんどの市ではオープンダンプ式のため、ハエや蚊の発生から衛生状態が悪化しデング熱やマラリアなどの原因にもなっています。こうした問題に取り組むため、2015年に廃棄物法令が整備され、ごみ分別を推進、義務化していく内容が組み込まれました。今日まで様々な改善が行われた中で今後の課題として、市民がいかに廃棄物に対する分別方法を理解することができ、環境意識を高める仕組みを構築できるかを求められています。そこで、 NPO法人DIFAR主体のもと、当社サービスのボリビア向けごみ分別アプリを構築することとしました。まずは、ごみ分別が進んでいる先進市を対象に使用をしていくことでボリビア全土に普及していくことを目指していきます。(すべてのごみを集めた後、そのまま一か所に捨てられるごみ投棄方法)

 プレスリリースの全文は、以下からご覧いただけます。
【リリース】ボリビア向けごみ分別アプリを1月16日に提供開始_20210116 


特定非営利活動法人DIFARウェブサイト:https://difar.jp/